石山寺 | 比叡山・びわ湖 観光情報サイト<山と水と光の廻廊>

びわ湖・石山エリア スポット情報

石山寺【いしやまでら】

創建は奈良時代後期。寺名は、境内にある硅灰石(けいかいせき・天然記念物)に由来します。紫式部が『源氏物語』を書き始めた場所としても知られ、毎年春と秋に関連した展示会も開催されています。また、花の寺としても有名。桜や紅葉はもちろん、菖蒲、百日紅、山茶花など四季折々の花が境内を彩ります。

時間 8:00~16:00
料金 一般/中・高生600円・小学生 250円
電話 077-537-0013
住所 大津市石山寺1-1-1
アクセス ・京阪「石山寺駅」下車、徒歩約10分
・JR「石山駅」からバス「石山寺山門前」下車すぐ
HP https://www.ishiyamadera.or.jp/
  • 初夏にはおよそ200株の花菖蒲が花を咲かせる

    初夏にはおよそ200株の花菖蒲が花を咲かせる

  • 紅葉の名所としても有名

    紅葉の名所としても有名

  • 秋月祭。境内には約2,000個の灯火が揺れる

    秋月祭。境内には約2,000個の灯火が揺れる

  • 境内の紫式部像

    境内の紫式部像

  • 毎年8月9日に行われる千日会

    毎年8月9日に行われる千日会

CopyRight © hieizan-shinkoukaigi All Rights Reserved.