1. 山と水と光の廻廊<比叡山・びわ湖>
  2. お知らせ
  3. 4月12日(水)~14日(金) 日吉大社 山王祭 日帰りバスツアー 受付中 

お知らせ

年別で探す

4月12日(水)~14日(金) 日吉大社 山王祭 日帰りバスツアー 受付中 

2017/03/09

京都京阪バスでは、湖国三大祭りのひとつ、びわ湖に春を告げる日吉大社山王祭のバスツアーを発売中です。
1200年の歴史を持つ華やかで勇壮な祭りをお楽しみください。

〇4月12日(水)

 地元ガイド案内付き・特別観覧席付き・夕食付き
午の神事
東本宮 大山咋神と妃神 鴨玉依姫神の結婚を再現する儀式。
3月上旬に奥宮に上げられた神輿に神様がお遷りになり、山麓の東本宮へお渡り頂く神事です。暗闇の中、たいまつの火だけを頼りに駕輿丁(かよちょう)と呼ばれる担ぎ手が命をかけて神輿を担ぎ急坂を下る様子は大変勇壮です。
【運 行 日】 2017年4月12日(水)
【発車時刻】 ・くずは(12時30分)
・松井山手(12時55分)
・京都駅八条口(13時30分)
【案内箇所】 ・日吉大社(参拝と山王祭の説明)
・旧竹林院(見学)
・石積みの門前町坂本(町歩き)
・芙蓉園(夕食)
・生源寺(延暦寺法要、読み上げ式)
・特別観覧席
 (2基の神輿が駆け下りる勇壮な「午の神事」を観覧)
【料   金】 12,500円 (大人お一人様)   

〇4月13日(木)

 地元ガイド案内付き・特別観覧席付き昼食・夕食付き
花渡り式
山王祭の神事中、最も華やかな神事。甲冑を着た子供たちがその日の夜に出産を迎える神様にお祝いのお花を供える儀式です。
宵宮落とし神事
大山咋神・鴨玉依姫神による出産、御子神誕生の儀式。
山王祭の神事中、最も勇壮な神事です。
前夜婚儀を挙げられたご夫婦の神様からお子様が誕生する様子を再現しています。
【運 行 日】 2017年4月13日(木)
【発車時刻】 ・くずは(9時45分)
・松井山手(10時10分)
・京都駅八条口(10時45分)
【案内箇所】 ・本家鶴㐂そば(昼食)
・花渡り式
 (甲冑を着た稚児が花を供える華やかな儀式。宵宮場にて神楽奉納)
・日吉大社(参拝と山王祭の説明など)
・旧竹林院(見学)
・石積みの門前町坂本(町歩き)
・芙蓉園(夕食)
・生源寺(延暦寺法要、読み上げ式)
・宵宮場特別観覧席
 (神輿振りや宵宮落とし神事などを観覧)
 (神輿が西本宮へ渡御)
・西本宮
【料   金】

14,500円 (大人お一人様)
※オプショナルツアー:3,000円
 (坂本ケーブルで延暦寺参拝)

 

〇4月14日(金)

 地元ガイド案内付き・昼食付き

例祭・神輿渡御
西本宮で行われる、日吉大社年間最大の神事です。
7基の山王神輿の前で厳粛な神事が執り行われ、天台宗総本山比叡山延暦寺より天台座主が参拝、ご神前に五色の奉幣、般若心経の読経を奉納されます。
西本宮ご祭神の大己貴神は天智天皇が大津京遷都の祭に奈良からお招きした神様です。お越しの際、びわ湖を渡ってこられた様子を再現しています。
【運 行 日】 2017年4月14日(金)
【発車時刻】 ・くずは(7時30分)
・松井山手(7時55分)
・京都駅八条口(8時30分)
【案内箇所】 ・西本宮(天台座主による五色奉幣などの神事)
・芙蓉園(昼食)
・西本宮
 (神輿拝殿出しの後、神輿が参道を渡御、その後神輿は七本柳の浜へ)
・七本柳の浜(神輿の船渡御を見送ります
【料  金】 8,000円 (大人お一人様))

お問い合わせ・お申込みは、

京都京阪バス 旅うらら予約センター 電話0774-65-1160

(営業時間10:00~18:00)京田辺市山手中央2番1

詳細は、京都京阪バスHPをご参照ください

 

CopyRight © hieizan-shinkoukaigi All Rights Reserved.